福岡市中央区天神の山道歯科は一般歯科・予防歯科からインプラントや歯周病治療など専門歯科治療も行います。天神駅より徒歩5分です。

福岡市地下鉄天神駅より徒歩5分の山道歯科医院「治療ケース(骨のない場合・症例集)」

一般歯科と予防歯科、インプラント・歯周病治療(歯周再生治療・歯周外科)・審美歯科・ホワイトニング・特殊義歯(入れ歯)・顎関節症・かみ合わせ

山道歯科医院へ電話する

治療ケース(骨のない場合・症例集)

歯周病や入れ歯の長期着用などの理由により、顎の骨が痩せている患者様がいらっしゃいます。

その患者様の場合、骨が少ない状態でインプラントの治療は行うことが難しいのです。
このように、他の病院でインプラント治療は無理だと言われた方でも一度当院へご相談ください。
上記のような状態でも適切な治療を行えば治療することは可能です。

症状によって手法が異なりますが、ここでは代表的な以下の3つの方法を紹介させていただきます。
この治療は、高度な歯科医療技術が要求されるため対応できる歯科医院は多くありません。

オステオトームテクニック (ソケットリフト)

b-1.png

顎の骨が足りない場合に行う方法です。
上顎臼歯部の上部には上顎洞がありますが、人により洞底線が下方まで伸びているため、インプラント体埋入に必要な量の骨が確保できない方がいらっしゃいます。
オステオトームテクニック(ソケットリフト)はその問題を解決するための骨増成法の一つです。

サイナスフロアエベレーション (サイナスリフト)

b-2.png

顎の骨が著しく足りない場合に行う方法です。
上顎洞粘膜を上顎洞から剥離して挙上し、その挙上によってできたスペースに人工骨や他部位から採取した自家骨を移植する事により上顎洞底線の位置をあげ、 インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを確保する方法です。

GBR(骨再生)によるインプラント治療

b-3.png

顎の厚みや幅が足りない場合に行う方法です。
骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。

GBR(骨再生誘導法)とは

b-4.png

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。
GBR(骨再生誘導法)は歯槽骨の骨幅が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上に人工膜を置き、骨の再生を促進する治療法です。

GBRの症例

b-5.png

ページ上部へ戻る

山道歯科医院 Googleマップで場所を確認