インプラント治療のメリット – 天然歯に近い感覚を取り戻す

インプラント治療の特徴はまず、よく噛めること。
そしてその見た目の美しさが、多くの患者様に支持されている大きな理由といえます。
また、その他にも入れ歯やブリッジにはない多くのメリットを持っています。

「よく噛める」「美しい」だけではないインプラント

  • 天然歯のような安心の噛み心地
    当院ではインプラント補綴物の構造を95%以上術者可撤式(スクリューリテイニング)にしているため、清掃不良により万が一インプラント周囲炎や粘膜炎などの感染を伴う急性症状を発見した場合に早期に対応することができます。
    症状の早期発見早期対応はインプラントの寿命を伸ばすことに効果的であるため、メインテナンスはインプラントの専門知識を習得した担当歯科衛生士が行います。
  • 天然歯のような美しい見た目
    人工歯に使われるセラミックは、周りの歯と色調を合わせられ、とても自然な見た目になります。
    天然歯と見分けがつかず、気になることもありません。
  • 健康な歯にダメージを与えない
    歯を失った箇所だけに処置を施すので、周りの歯を削ったり支えにしたりせずに済みます。
  • 歯を失った箇所の骨がやせない
    噛む力がインプラントを通じて顎の骨まで伝わるため、顎の骨がやせたり、噛み合わせが変化したりする心配がありません。

インプラント治療のデメリット

  • 外科手術が必要
    当院は長年の経験に培われた高い技術力を有しています。
  • 構造上、清掃が困難になる場合がある
    考え方によってはこれはメリットにもなります。
  • 保険外の治療である 高価である(費用が高い)
    当院はまず、お口の状態や全身疾患の有無及び既往歴を確認し、ご要望やご予算などをうかがい、インプラント治療が最適な方法と判断した場合のみ行います。
    他の治療のご提案ももちろん可能ですのでご安心ください。

治療等の主なリスクや副作用等

インプラント治療及び骨造成治療は外科処置を伴いますので、術後に腫れたり、痛みを伴うことがあります。個人差もありますが通常であれば、1週間程度、腫れや痛みが持続します。部位により腫れやすい部位や痛みやすい部位がありますので、詳しくは治療計画説明の時にお伝えいたします。

インプラント義歯ではなく、上下総入れ歯でも調整回数が少なく、ぴったりと合い咀嚼効率が向上する特殊な総入れ歯の製作にも対応しております。
私たちと一緒に、あなたにとって最適な治療を見つけましょう。

インプラント治療にPRPを用いるメリット

PRP(Platelet Rich Plasma),PRF(Platelet Rich Fibrin)は厚生労働省認定の安全性と効果が立証された第三種再生医療に分類されます。
厚労省が認めた施設及び再生療法に関する実績と経験のある医師
でない限り、PRPを医療機関で提供することはできません。

当院では2002年にPRPの開発者Robert E Marxよりその方法を取り入れ、特にインプラント治療におけるその効果については2004年に出版したインプラントイマジネーションの中でその有効性を立証しております。
また、2500例以上の臨床実感から、組織治癒・再生療法における効果を確認しております。

厚生労働省 PRP施行施設一覧
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000186471.html

山道 信之 著 インプラントイマジネーション
https://www.quint-j.co.jp/shigakusyocom/html/products/detail.php?product_id=655

  • 術後の腫脹・疼痛軽減
    PRP及びPRF中に凝縮した各種成長因子(成長因子とは組織修復過程において細胞が必要とする栄養素のことです)が外科処置後の周囲組織に拡散することで、局所の組織修復過程を促進します。
    そのため、施術部位の腫脹及び疼痛が軽減します。
  • 硬組織治癒の促進
    PRP及びPRFには硬組織の形成及び修復過程において細胞が必要とする各種成長因子が凝縮された状態で含まれているため、骨造成時に補填した骨補填材料と混合して使用することにより、速やかにインプラント周囲骨の形成を促進します。
  • 軟組織治癒の促進
    PRP、PRFは通常の血液と比較して同じ体積で血小板を8万倍に濃縮したものです。血小板は炎症反応カスケードにおいて、組織修復の出発点であるに止血に優位に働きます。このことより、PRP、PRFは優れた止血作用を持ち、術後の出血を抑えることも目的の一つとして挙げられます。また、一般的な生体修復材料は動物由来の成分を合成して作成されていますが、そのようなコラーゲンスポンジやメッシュなどと違い、100%自己血液由来の細胞調整再生材料なので、アレルギーや過剰免疫反応を抑制することにおいては、非常に有効であると考えられます。
  • 山道歯科医院の生体工学の考え方
    このようにPRPやPRFを組織修復や再生療法に応用することを総称して、Tissue Engineering(組織工学)と呼びます。ティッシュエンジニアリングとは、1993年に米国の医師と工学者によって提唱された概念で、生きた細胞を使って本来の機能をできるだけ保持した組織・臓器を人工的に作り出すことを目的としています。
    ティッシュエンジニアリングを実現するためには、生きた「細胞」、人工的に作られた「骨補填剤などの材料」、細胞や生体に影響をもたらす種々の「PRPなどの生理活性物質」の3つの要素が必要であり、これらを一定時間、組織修復が最適に促されるような適切な環境におくことで、生体機能を有した組織・臓器を創出できるという考えに基づいています。

当医院では、遠心分離機を使用して患者様ご自身の血液からPRPを生成し、インプラント治療に活用しております。
PRPを使用する治療もティッシュエンジニアリングに含まれます。

遠心分離機により生成された血小板濃縮フィブリン

治療開始前の診断

上記説明は例を挙げての治療の説明であり、個々の患者様の状態等により治療の費用、方法や結果が異なります。治療の方針や治療費、治療等の主なリスクや副作用等に関しては治療開始前にご説明しますので、まずは当院まで治療の相談を予約して下さい。