このページでは、インプラントに関するさまざまな疑問にお答えして行きます。
インプラント治療をもっとよく知ることによって、安心してインプラント治療が受けられるように情報を掲載して行きます。

インプラントの寿命はどのくらいですか?手入れは必要ですか?
長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行ってください。
インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。
長持ちさせるために最も重要なことは、自分の歯と同じような毎日の手入れです。当院では20年の長期症例が多数あります。
指導された正しいブラッシング方法で磨き、半年に一度は必ず定期検診を受けて下さい。
定期健診では、ブラッシング指導や歯ぐきと噛み合わせのチェックなどを行い、快適な口腔内環境が維持できるようにします。
インプラント治療は誰でも受けられますか?
お口の状態や体の健康状態によって判断されます。
インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。
年齢の上限はありませんが、骨の成長が終了した20歳ぐらいから治療を受けることが出来ます。
あごの骨が痩せてしまっている場合でも、人工の材料を使用し、骨をつくることが出来ます。
糖尿病や高血圧を患っている方でも、投薬でコントロールされている場合、ほとんどの人が治療可能ですので、一度御相談下さい。
保険は適用されますか?費用、治療期間はどのくらいですか?
施術者により結果が大幅に異なるので保険のきかない自由診療となります。また治療内容によって費用は異なります。
インプラントを埋め込む本数によって差はありますが、インプラントが骨と固まる期間が上顎=約6ヶ月、下顎=約3ヶ月です。期間中は仮歯や入れ歯を入れるので、食事や会話などの日々の生活に支障はありません。
手術後、注意することは?
手術後、数日間は医師の指示に従って安静にしてください。固いものは避け、なるべく軟らかい物で栄養をとるなど食事にも配慮をお願い致します。
局所麻酔をして手術を行うので術中の痛みはありませんが、手術後2~3日痛みや腫れが出る場合もあります。
その場合、痛み止めの薬や抗生物質で対処できますので問題はありません。
上アゴは上顎洞(空洞)があるので、インプラントはできませんと断られました。
上顎洞(空洞)は手術可能です。人工骨+自家骨+PRP(*注)を使い上顎洞に骨を入れる術式、それが『サイナスフロアエレベーション(サイナスリフト)』です。
サイナスフロアエレベーション(サイナスリフト)は1960年、Boyne先生によって発表されたテクニックです。Dr山道はBoyne先生より直々に技術を習っています。
日本には約20年程前から伝わっており、1992年にこのサイナスフロアエレベーションを日本で最初に行ったのが当院のDr.山道です。
臨床雑誌の「インプラントロジー」にも症例して掲載され、30年程 程度経過した現在でも、その患者さま口腔内は健全に機能しており、予後も良好です。
この方法で上顎の奥歯にもインプラントが可能となりました。
(注)PRP(多血小板血漿)患者さん自身の血液を使った厚生労働省認可の第3種再生医療です。
サイナスフロアエレベーション(サイナスリフト)とはどのような手術ですか?危ないですか?
骨吸収の進行した上顎臼歯部にインプラントを埋入するために、上顎洞粘膜を挙上して骨を造成するテクニックのことです。 つまり、インプラントを埋め込むための土台を作る方法です。
サイナスフロアエレベーション(サイナスリフト)に伴うリスクは、ほとんどありません。 なぜなら術野における解剖学的構造には、ほとんど害を与えない上、病的因子も少なく、当院では全く問題ない手術です。ただ、サイナスリフトを適切に行えるDrは限られています。その理由は日本におけるインプラント治療の第一世代は、我々開業医が先行して行ってきた事にあります。大学などの教育研究期間はその後、インプラント治療のニーズが社会的に高まった事により、歯学部教育としてインプラントの項目を取り入れました。それゆえ、学生に指導するために当時、当院には大学の教員の先生などもオペ見学などのインプラントの勉強に来られていました。大学に出向きインプラント治療を教えていた経験もあります。さらに、Dr.山道は全国で、サイナスフロアエレベーションの技術を1000人以上の開業医、大学の教員問わず教えてきています。今では、サイナスフロアエレベーションを様々な先生がやっておられますが、やはり技術的に難しい物であることは変わりがないため、危険などと報じられる事があります。しかし、外科処置なので、知識と技術と経験が伴ったDrが行えば安全に確実に行う事ができます。
下記の方はサイナスフロアエレベーション(サイナスリフト)に限らず外科処置はできません。
(通常の抜歯も下記の方は要注意です。)
  • コントロールされていない糖尿病及び高血圧の方
  • 上顎洞内のあらゆる進行性疾患をお持ちの方