口腔内の様々なトラブルを確かな技術と設備で解決します。

口腔外科治療の種類

埋伏歯(親知らず)の抜歯

詳しくは「親知らずの抜歯について」にまとめました。ぜひご参照ください。

代表的な埋伏歯が親知らず(第三大臼歯)です。
埋伏歯があると隣の歯と干渉し歯並びが乱れたり、隣の歯に悪影響をあたえることがあります。
また、親知らずの状態によっては虫歯の原因になることもあります。
気になる方は早めに診察を受けましょう。
*動画:親知らずをPRF(自己血から血小板・成長因子などを分離したもの)を使用して抜歯する際の流れをまとめました。*

口腔内の炎症・腫れなど

口内炎をはじめ、歯ぐきが腫れて痛い、顔が腫れてきた、などの症状があればご相談下さい。
また、口腔内のただれ、潰瘍、イボのような「できもの」がある場合なども治療の必要な場合がありますのでご相談下さい。

顎関節症

顎関節の痛み、口が大きく開かない、異音がするなどの症状があれば顎関節症の疑いがあります。
放っておくと痛みが激しくなったり、口が開かなくなることにもつながります。早めの検診をおすすめします。

口腔外科治療の際の設備について

口腔外科治療には手術が伴います。
当医院2階には口腔外科治療を行うための完全個室のオペ室を完備しております。
清潔域と不潔域を完全に分け、独立した無菌室での治療ですので安心して口腔外科手術をお受けいただけます。