1983年の症例であり、治療費は現在の基準(消費税も含め)と異なりますが、
インプラントの長期経過をお伝えするために掲載しています。

治療概要

患者様
初診時54歳(1980年当時) 男性
診察結果
歯牙の欠損、骨の欠損(インプラント困難)
治療内容
骨増生、インプラントによる補綴
治療完了日と治療期間
1983年4月13日(2年3ヶ月)
総治療費
約650万円(1983年当時)
治療後のメンテナンス
かみ合わせや衛生状態のチェック。
その他
インプラント専用歯ブラシと歯磨き粉による日常ケアを指導。

患者様の相談内容

「奥歯が無くなり、入れ歯では噛めない。なにか治療法はないか?」
という主訴で来院されました。(1980年)
他院では義歯(取り外しできる入れ歯)しか選択肢がないと言われ、当院を受診されました。

  • 当時一般的な治療法では義歯(入れ歯)しか治療法はないと言われた
  • 入れ歯は使用したくない

山道歯科の診断

臼歯部(奥歯)はほとんど残っていない状態でした。
また、左下は骨が大きく吸収し、下顎管(内部に神経・動脈・静脈が走行している管)までの距離がないため、このままではインプラントはできません。
このように大きく骨が吸収している場合、入れ歯も非常に不安定で使用が難しいケースが多くあります。

長期間の入れ歯の使用で左下の骨が大きく吸収している。
入れ歯であったために奥歯はほとんど残っていない。

 また、残っている前歯も根が吸収され短くなっていましたが、ひとまず歯を残し、将来的に悪くなれば抜歯するという方針としました。

 インプラント治療は骨にチタン性のネジを埋め込む手術です。家に例えると、奥歯は口の中で大黒柱の役割をしています。大黒柱が家を支えているように、奥歯は、噛む・食べるという人間の生命維持において最も大切な行為を支えています。

 大黒柱の無い家、あるいは大黒柱を支える基礎や土台が無い家はどうなるでしょうか。

 大黒柱以外の柱を繋いで、見せかけだけは家らしく見せることも可能でしょう。
 しかし、それでは大黒柱の負担を、他の柱が負担するため、家全体の強度や耐久性は脆くなります。やがて、他の柱が一本、また一本とダメになり、最終的には家は崩壊してしまいます。

 この患者さんは、骨の無い状態、つまり柱を打ち込むための基礎や土台が無くなったような状態でした。当院ではインプラントを打つための骨が無くなってしまったケースでは、人工の骨を何種類か混ぜ合わせたり、PRPなどの成長因子(骨の栄養成分)をうまく活用することで、骨が無くなった部位に新たに骨を再生させることができます。

1980年当時から続く山道歯科のインプラント治療の歴史

1980年当時、インプラント治療は日本では一般的ではありませんでした。
現在では当たり前に使用されているチタン性の歯根型インプラントが、世界初のインプラントシステム・ブローネマルクインプラントシステムとして人体に応用されたのは1965年のことです。
当院院長・山道信之は黎明期からインプラント治療を学んできました。今日まで、多くの論文や書籍を執筆し、2020年も米国のJournal of Periodontology という米国で歴史のある歯周病学会の機関紙にサイナスリフトの新手法を開発したことで、副院長・山道研介との共著論文が掲載されました。
1980年頃には山道歯科医院ではインプラントや骨増生(骨が欠損した部分に新たな骨をつくる)をすでに多数行っており、予後も良好であったため、積極的にインプラント治療を行っていました。

  • 骨の欠損がある場合、骨増生が必要
  • 欠損が大きい場合、インプラントに先立ち骨増生の手術となる場合がある
  • 骨が無くても、インプラント治療ができる可能性がある

治療の流れ


 当時は材料や技術が発展しておらず、骨造成技術も確立されていませんでした。世界的にまだまだ骨造成の症例数が少ない時期で、このケースのような大規模骨造成を人工骨で行った前例はありませんでした。

 試行錯誤の末、当時は下記のようなフレームを作成し、これを応用した手術を行えば骨ができると考えました。現在はもっと進化した材料で骨造成を行うことができます。

 昨今、インプラント治療や歯科臨床でもEvidenced Based Medicine(EBM)という、根拠に基づいた医療の提供が求められています。歯科インプラントが臨床応用されて50年経った今、様々な技術や材料が世界中で報告されています。

 このように、当院だけ切り取ってみても、歯科医療技術というのは、日進月歩で進化しています。常に研鑽を止めず、良いものはいち早く取り入れ提供することが、患者さんの今までの悩みや苦痛を解放することに繋がると考え、山道歯科医院のスタッフ一同研鑽を続けています。

骨造成時に使用する山道院長自作フレーム
メンブレン(膜状の材料)を装着(参考写真)

 骨の欠損が非常に大きいため、局所麻酔下で、1度目の骨増生手術を行いました。所要時間はおよそ2時間です。

1回目の術後X線検査
2回目の術後X線検査

 2回目の手術から4ヶ月後、インプラントを埋入しました。
さらに右上の奥歯、右下の奥歯、右下の前歯、左上の奥歯にそれぞれインプラントを埋入していきました。
 インプラント埋入手術は、5回に分けて実施しました。

最終的なX線写真。全部で14本のインプラントを埋入した。
  • 骨増生を行う場合、インプラント手術だけの場合に比べると治療期間が必要
  • 現在ではかなり減ったが、骨欠損が大きいと骨増生を2回に分ける場合がある
  • 骨増生から4〜5ヶ月後:インプラント一次手術(埋入)
  • 一次手術から4〜5ヶ月後:インプラント二次手術
  • 上部構造作製・装着

治療期間終了後

最初のインプラント手術終了から23年後

 23年間は大きな問題はなく、定期的なメインテナンスや虫歯の治療などを行っていました。

 その後、ご自身の前歯が割れるなどし、抜歯が必要となりました。
また、初診時から根が短かった下顎の前歯も寿命と判断し、抜歯しました。

さらに、左上の奥歯が割れないよう、長年1本不足していた左上第二大臼歯部にもインプラントを追加しました。

この患者さまはインプラントに非常に満足されていたため、その後の治療もインプラントを選択されました。

最初のインプラント手術終了から35年後

 インプラント治療は条件が揃い適切に行った場合に限りますが、生涯機能することも可能です。しかし、インプラント治療を行った場合でも、全身疾患などを患った場合、喫煙を始めた場合や、残っていた歯が歯場合はその部位に治療が必要になることもあります。

 なお、その後インプラントは問題なく機能し、ご高齢になられた現在もしっかりとお食事が摂れています。

治療等の主なリスクや副作用等

インプラント治療及び骨造成治療は外科処置を伴いますので、術後に腫れたり、痛みを伴うことがあります。個人差もありますが通常1週間程度、腫れや痛みが持続します。部位により腫れやすい部位や痛みやすい部位がありますので、詳しくは治療計画説明の時にお伝えいたします。

治療開始前の診断

上記説明は例を挙げての治療の説明であり、個々の患者様の状態等により治療の費用、方法や結果が異なります。治療の方針や治療費、治療等の主なリスクや副作用等に関しては治療開始前にご説明しますので、まずは当院まで治療の相談を予約して下さい。