山道歯科の審美歯科の特徴

当院では、単に歯を白くきれいにする治療だけではなく、歯や歯ぐきを健康にして歯の機能を回復した上で、見た目も美しくすることを審美歯科治療の目的としています。
患者様お一人おひとりに安心して審美治療を受けていただくために、患者さまとの治療前・治療後のカウンセリングを十分に行います。
代表的な審美歯科治療をご紹介します。

オールセラミッククラウン

透明感のある自然な歯を被せて治すためには、自費の治療となっているメタルボンドや、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。
いずれもセラミックを利用することで時間が経っても色がくすむことはありません。
弾性率も天然の歯に近いため、咬み合う歯にも優しい材料です。

オールセラミッククラウン(真ん中)とメタルボンドクラウン(右)

金属の裏打ちがあるかないかが特徴で、それぞれに利点があります。

ラミネートベニア


ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、
薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、という悩みをお持ちの方に適している治療法です。

薄いセラミック素材を付け爪のように表面に貼り付けます。

ハイブリッドインレー・セラミックインレー

「インレー」とは端を削った後に詰める詰め物のことです。
前歯だけではなく奥歯の金属が目立って気になるので白くしたい、また、金属アレルギーなどの問題で口の中に金属を入れておくことができない患者様もいらっしゃいます。
そのような患者様へは、ハイブリッドセラミックスもしくは、オールセラミックスという材料を用いたセラミックインレー治療をおすすめします。

ハイブリッドセラミックインレーまたはオールセラミックインレーで天然歯に見た目も自然な詰め物を再現できます。

治療等の主なリスクや副作用等

セラミックは傷に強い一方、強い衝撃が加わると割れてしまうリスクなどがあります。詳しくは治療計画説明の時にお伝えいたします。

治療開始前の診断

上記説明は例を挙げての治療の説明であり、個々の患者様の状態等により治療の費用、方法や結果が異なります。治療の方針や治療費、治療等の主なリスクや副作用等に関しては治療開始前にご説明しますので、まずは当院まで治療の相談を予約して下さい。

精密歯科技工部門

kensuke-yamamichi

より高度な審美性を求められる患者様に対して、インプラント・セラミック・噛み合わせのスペシャリストによる補綴物を製作しております。

歯科技工士 山道 洋之

略歴

2001年3月 九州環境医療福祉専門学校 技工士科 卒業
2001年4月 山道歯科医院 就職
2005年11月 Science Art. inc Oral design center Monterey トライアウト
カリフォルニア州モントレーにて、ご開業されている相羽直樹先生のラボです。歯の芸術家です。
2007年8月 W. Geller labor Oral design center Zurich 留学
クリエーション陶材の開発者であり、オーラルデザイングループの創設者であるスイスチューリッヒの技工士ウィリーゲラーのラボです。毎日100通以上見学依頼の手紙が来ているラボで、世界各国のセレブリティの歯を日夜作成しています。
2008年1月 山道歯科医院退職
2008年1月 有限会社デンタルスリーワイにて技工業務を開始
2018年8月 デンタルスリーワイ退職
2018年11月 山道歯科 入職

主な受講コース

2002 増田 長次郎 インプラントコース
2002 田中 朝見 オクルージョンコース
2003 阿部 晴彦シンラシステム 6ヶ月コース
2004 シカゴミッドウインター Dr. Morton Amsterdam Office・自宅訪問
2005 小田中 康裕クリエーション 10ヶ月コース
2005 Naoki Aiba 前歯部ラミネートベニアコース
2006 Willi Geller 前歯部ジルコニアコース
2006 Morton Amsterdam ペリオコース Dr. Amsterdam Office・自宅訪問

症例掲載

2007 QDT Next Generation
2007 ラボサイドと医院の情報伝達の重要性について講演

より丁寧で細やかな審美修復治療をご希望の方はご相談ください。