親知らずを抜く?抜かない?

「親知らずがありますね」
歯科医院で指摘されたことがある方も多いと思います。

こんな時、「抜いた方がいい?それとも、抜かなくてもいい?」と疑問に思う方が大半ではないでしょうか。

実は親知らずを抜くべきか、抜かなくてもよいかは状況によって変わってきます。

あなたの親知らずはどのタイプ?

ご自身の親知らずの状況に応じて、抜歯すべきかどうか確認していきましょう。

① 自覚症状は?

a. 疼いたり、痛んだりすることがある
b. 特に症状を感じたことはない

② 親知らずは生えている?埋まっている?

a. 埋まっている
b. 少し見えている
c. 普通通りはえている

③ 全体的な歯並びは?

a. ガタガタしている

b. すきっ歯になっている
c. 大体きれいに並んでいる

親知らずの生えてくる時期・抜歯の時期

親知らずは個人差はありますが、16〜22歳ほどで生えてきます。

10歳前後で歯の元になる歯胚(しはい)が確認できるようになるので、生まれつき親知らずがあるかないかは中学生の頃にはX線検査で確認できるようになります。

埋まっている場合もX線検査を行うと確認できるので、目視で生えていないからと言って放置せず、定期検診の際などに歯科医院で確認してもらいましょう。

親知らずの抜歯時期ですが、18〜20歳頃はまだ歯根が完成しておらず、骨ともしっかりとはくっついていないので、比較的痛みや腫れも少なく抜歯することが可能です。

10代から1年に1度くらいの間隔で歯科検診を受けていると、早めに気づくことができ、抜歯後の痛みや腫れも抑えることができます。

大人の場合も痛みや腫れを繰り返していると、癒着して抜歯が大変になる場合があるので、症状が出る前に抜歯することで痛みは抑えることができます。

また、厚生労働省認可の第三種再生医療に分類されている、PRFを使用した親知らず抜歯は術後疼痛や腫れを抑えるという論文が多数執筆されています。
当院でも状態に応じて、PRFを使用した抜歯をおすすめしています。

なお年齢制限はありませんが、早めにご相談されることをおすすめします。

親知らずの抜歯の流れ

親知らずを抜歯する際は、局所麻酔下で行う場合が多く、日帰りの処置が大半です。

処置時間は難易度に応じて異なりますが、
 ・生えている場合:15〜30分程度
 ・少し見えている場合、埋まっている場合:30分〜1時間程度
と思っていただけると良いかと思います。
神経や上顎洞との位置関係によっては1時間以上かかる場合もありますので、必ず歯科医師に確認しましょう。

以下は当院での親知らず抜歯をまとめた動画です。
抜歯の流れを把握できると、少し安心して治療をお受けいただけるのではないかと思います。
*血液が苦手な方はご注意ください。

ちなみに動画で使用しているPRF(自己血から分離したフィブリンや成長因子のジェル)を使用した治療は保険適応外治療です。
また、ピエゾ(超音波の機械)も保険適応外機器です。
保険治療の場合、ピエゾの代わりに回転切削器具(削る機械)を使用します。

気になる場合は早めに相談しましょう

抜歯が必要か、ある程度把握できたと思います。
ご自身のお口の状況を把握することはとても重要なことです。

しかし、気になることがある場合は必ずかかりつけの歯科医院で相談してください。

親知らずが埋まっている場合はX線検査を行い、状態をしっかりと確認する必要があります。
また、歯並びもきれいに並んでいても、かみ合わせに問題がある場合は親知らずの抜歯と矯正が必要になることがあります。
これらの診断には専門的な知識・検査が必要になります。
自己判断は危険なのでやめましょう。

定期検査の際は親知らずに限らず、気になること、心配なことは歯科医師・歯科衛生士に確認しましょう。