COVID-19がまだまだ収束しない中、自粛要請終了後もリモートワークが主体となっている方が多くいらっしゃることと思います。
また、外出の少ない生活様式が一般化する中で、歯科医院への通院もできるだけ少なくできれば…と思われる方もいらっしゃるでしょう。

このような時代に歯科医療がどう変化しているのか、そして知っておくと良い歯科知識をお伝えします。

虫歯は自然には治らない

歯科治療は基本的に何らかの処置が必要になる場合がほとんどです。
問診・投薬で解決できる歯科疾患はほとんどありません。

例えば、虫歯なら虫歯を除去して詰め物や被せ物を装着する、歯周病の原因となっている歯石の除去やかみ合わせの調整を行うなど、一般的な治療でも歯科医師や歯科衛生士が実際に処置を行うことが必要となります。
ごく初期のものであれば、再石灰化も期待できますが、ある程度進行した虫歯は放っておいて自然治癒することはなく、進行していきます。

歯と歯の間は好発部位

一見分からないけれど…

金属を外すと虫歯が

虫歯は「磨きづらい」部位に好発します。そして、磨きづらい部位は「気付きにくい」部位でもあるのです。
歯と歯の間、詰め物や被せ物の下などはご自身で気づくのが非常に難しく、歯科医院の定期検診でもごく初期の物であれば100%発見するのは困難です。

意識して自分の歯を見るようにしましょう。

少しでも「しみる」「うずく」「物が詰まりやすくなった」などの変化があれば、歯科医院を受診されることをおすすめします。

歯科治療には外科処置が多い

歯科はとにかく「外科処置」が多い医療分野です。
インプラント治療、骨の再生療法、親知らずの抜歯、他にも多くの外科処置があります。

インプラント治療や骨の再生療法などの手術はある程度長期スパンでの治療となるため、きちんと通院いただき、用心深く、丁寧に治療に取り組む必要があります。知識、技術、そして時間が必要不可欠です。

これらの外科処置は患者さまの身体に施す物であり、実際にご来院頂かなければ成り立ちません。

インプラントは骨内にチタン製のインプラント体を埋め込み、よりご自身の歯に近い状態で噛める状態を作る治療。

手術にはクリーンな環境が必要不可欠です。
当院では一般診療フロアとは別にクリーンオペレーションルームを備えたフロアを設けています。

クリーンオペレーションルーム


確かに歯科医院は外科処置をはじめとする飛沫を伴う処置が多い環境であり、本来感染リスクが低いとは言えない環境のはずです。
しかし、これはCOVID-19以外の感染症(肝炎ウイルス、HIVなど)に対しても言えることであり、歯科医院は従来から感染対策への意識が非常に高かったのです。
これが患者さまを巻き込む歯科医院でのパンデミックが発生していない理由の一つと考えられます。

とは言え、通勤や通学、買い物などの日常生活と同様、通院までの道中では感染リスクがないとは言えません。特に公共交通機関を利用される場合、できるだけ外出の機会は抑えるべきでしょう。

こういった現状を踏まえ、歯科医院への通院ペースをできるだけ少なくできる方法はないのでしょうか?

高まりつつある「健康」への意識

自粛要請期間中は歯科医院を受診される方も減少しました。

しかし、口腔は全身の健康に深く関わる分野でもあり、最近では来院される患者さまも少しずつ増えてきました。

日々の診療の中で強く感じるのが、COVID-19の影響もあってか、「健康」への意識を高く持たれる方が増えたということです。

当院では「矯正治療」を始められる患者さまが増えています。

矯正は審美的な問題を解決するだけではありません

自覚されて受診される方、こちらから指摘して治療に踏み出される方など治療の始め方は様々ですが、審美的な悩みだけではなく、機能的な問題を解決するための矯正治療への関心が高まっているようです。
かみ合わせが栄養状態や認知症など多くの健康問題に関わることが知られ始めたのも一因でしょう。

また、オンライン会議で映像として自分の口元を見る機会が増えたことも矯正治療を意識するきっかけの一つとなっているのではないでしょうか。

マスク着用が必須である間に治療を終わらせて、「思いっきり笑える口元になりたい!」、そんな方も多いように感じます。

矯正治療にも選択肢がある

矯正治療の方法にいくつかの種類があることはご存知の方が多いと思います。
細かな違いを含めると数え切れないほどの種類があるので、大きく分けて説明していきます。

ワイヤー矯正

オープンバイトの症例
治療期間:1年3ヶ月
叢生(ガタガタ)の症例
治療期間:1年1ヶ月

1本1本の歯にブラケットと呼ばれる小さな装置を装着し、その装置にワイヤーを通して歯を動かしていく矯正方法です。
一般的に広く使用されている治療方法です。

ブラケットやワイヤーの種類、ワイヤーの曲げ方などにより、様々な手法があります。また、一般的に表側にブラケットを装着しますが、歯の裏側に装着する方法(いわゆる裏側矯正)もあります。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを装着し、歯を動かしていく矯正方法です。
様々なシステムがありますが、有名なマウスピース矯正システムとして、「インビザライン」があります。

また、適応症例は限定されますが、より気軽に始められる「インビザラインGo」も近年登場し、多くの方が選択される治療方法となっています。

小児矯正

小児矯正には一期治療と二期治療があり、それぞれ最優先の目的が異なります。

第一期治療

およそ3〜10歳の小児が対象となります。
唇を噛んだり、舌で歯を押し出すような癖がある場合、反対咬合など顎骨の成長方向が通常と異なる場合は、3歳〜5歳程度の早期に矯正的な介入が望ましい場合があります。
第一期治療の目的は正しい顎骨の成長を妨げる要素を除去し、できるだけ正常な方向に成長方向を導くことです。

具体的な治療方法として、取り外し式のマウスピース状の装置を装着したり、小さな顎を少しずつ拡大する装置を装着するなどの方法があります。

第1期小児矯正の一番の目的は骨格の成長方向を正しい方向に誘導すること
第二期治療

およそ12歳から治療を開始します。
一期治療を行ったお子様は二期治療が必要になる可能性が比較的高くなります。
おおかた生えそろった永久歯のポジションを整えていくことが二期治療の目的です。

具体的な治療方法は成人矯正と同じく、ワイヤー矯正やマウスピース矯正から適切なものを選択します。

外科矯正

顎骨のサイズや上下のバランスなどが正常範囲から大幅に外れている場合、外科矯正が選択される場合があります。
入院、全身麻酔下で手術を行うため、実施できる医療機関が限られます。
基本的には顎の骨を切断して動かし、適切な位置にスクリューなどで固定する手法をとります。
外科矯正が適応される場合、ワイヤー矯正との併用が一般的です。

リモート歯科治療?

こういった矯正治療の方法の中で、今の時代に最もマッチするのが「マウスピース矯正」でしょう。

マウスピース矯正の最大の特徴は「マウスピースを自分で交換する」ということです。

ボックスに入って届く
1セットずつマウスピースがパックされている

1週間に1回程度で交換
初回のご来院

3D口腔内スキャン、X線検査(CT・セファロ)、写真撮影、簡単なカウンセリングなどを行います。
所要時間は1時間程度、費用は33,000円(税込・保険適応外)です。
ご希望の場合、当日に大まかな矯正治療シミュレーション画像をご覧いただくことも可能です。

口腔内のスキャンを行います
当院導入3Dスキャナー “iTero element”
2回目のご来院

詳しいカンセリングを行い、クリンチェック(治療計画)をご説明いたします。
クリンチェックは歯が動く過程の3D画像をご覧いただきますので、治療目標をしっかりと共有することができます。
治療目標で修正したいところがあれば、カウンセリングの際に修正可能です。

治療開始前

クリンチェックの治療目標

クリンチェックが完成したら、歯科医師がアライナーを発注します。

3回目のご来院

アライナーは発注からおよそ2〜3週間で到着します。

アライナーが到着したら、ご来院いただきます。
初回は、
・アタッチメント装着:歯にごく小さな突起物を装着する処置
・IPR:歯の隙間を広げる処置
・フィッティングチェック:アライナーがきちんとフィットしているか確認
・レクチャー:使用方法、注意事項、つけはずしのポイントなどをレクチャー
を行いますので、およそ1時間かかります。

フォローアップ(2〜3ヶ月に1度ご来院)

定期的に来院いただき、計画通り歯が動いているか、マウスピースがきちんとフィットしているか、虫歯や歯周病はないかなどのチェックアップは必要ですが、そのペースは「2〜3ヶ月に1度程度」が大半です。
その間は歯科医師からの指示に従い、日付がきたらご自身でマウスピースを新しいものに交換するだけです。

また、ワイヤー矯正と異なり、歯に複雑な形の装置がつかないため、いつも通りに歯磨きも行えます。
つまり、磨き残しによる虫歯や歯周病のリスクが比較的低いのです。
フォローアップ期間中はオーラルケアが重要です。

インビザライン&インビザラインgo、2つの選択肢から適切なものを

当院ではマウスピース矯正として「インビザライン」と「インビザラインgo」、両方の治療法から適切なものを選択いただくことができます。
この2つの治療法について簡単にご説明いたします。

全顎矯正=インビザライン

インビザラインは「奥歯を含む全ての歯を動かすことができる」のが特徴です。

大臼歯(奥歯2本)のかみ合わせに問題点がある場合、インビザラインが適応されます。
また、奥歯の関係自体は問題なくても、前歯のガタガタが大きい場合、奥歯から動かしスペースをマネジメントする必要があるため、インビザラインが適応される場合があります。

部分矯正=インビザラインgo

インビザラインgoは「第二小臼歯(5番)から前方の歯を動かす」のが特徴です。

インビザラインまでの治療は必要ないけれど、安心で機能的なマウスピース矯正システムを、という需要からインビザラインよりも後に開発された治療法です。
大臼歯の関係には問題ないけれど、前歯がガタガタしているという方にはおすすめです。
インビザラインよりも「治療費用を抑えられる」「治療期間が短い」ことがメリットとして挙げられます。
当院でも適応となる場合にはインビザラインgoをおすすめしています。

矯正治療はマスクのうちに!

現在、COVID-19でマスクを装着するのが平常になっています。
また、少しずつ涼しくなってきましたが、冬場にかけてはインフルエンザ対策としてもマスクは必須です。

治療期間を短くしたい方にはワイヤー矯正、目立ちづらい治療法をご希望の方にはインビザライン ・インビザラインgoをいうように、それぞれのご希望やなりたい口元をお伺いしながら、適切な治療方法をご提案させていただきます。

マスクを外して暮らせるようになったとき、「思いっきり笑える」「美味しいものをしっかりと噛める」歯でいたいと思いませんか?

* INVISALIGN、ITERO、CLINCHECK などは Align Technology, Inc. また はその子会社もしくは関連会社の商標 および /またはサービスマ ークであり、米国および /またはその他の国において登録されている可能性があります。