インプラントは、まずは当院までご相談ください。30年の歴史があります。

インプラント治療は無理・適応外だと言われた方の大半は、骨量不足が原因です。
当院の骨再生技術は、日本問わず諸外国でも論文や翻訳書籍などで認められてきました。
*詳細は院長の出版を御覧ください。
長年培ってきた実績により、きっとお力になれると思います。

骨組織再生技術の紹介

インプラントを埋め込む顎骨は、十人十色のため条件が全て異なります。

例えば、歯を無くした後の歯槽骨は、最初の6ヶ月で25〜30%、3年で40〜60%吸収します。(Calsson et al ’67, Tallgren ’72, Bragger ’96)
それに加え、上顎と下顎のそれぞれに上顎洞(蓄膿症で膿が溜まる部位)や神経などの制約があり、インプラントができない・適応症ではないと言われることがあります。

院長・山道信之は、1990年代よりインプラント治療の適応症拡大のための研究を行い、どの部位でも失われた骨を再生させることでインプラント治療を可能にしてきました。
臨床例を国内外で論文と書籍で多数報告しており、日本でも数少ない国際インプラント指導医として認められるインプラント骨造成界のパイオニアです。
どのような理由でも、インプラントができないと言われた方は、是非一度ご相談下さい。

アンチエイジングインプラント

 インプラントはチタン性のネジですが、スイスやアメリカの工場で製造されてから出荷されるまでに、ある一定の時間がかかります。
この間、表面中の二酸化炭素などの炭化物質とチタン性のインプラントが反応し、インプラント表面に炭化層の疎水性の膜ができてしまいます。

これを、チタンのエイジングと言います。

「オッセオインテグレーション」と呼ばれる、インプラントと骨が結合して、体の中で一本の歯として機能する、という歯科インプラント治療に特有の定義を満たすためには、インプラントと骨が結合することが大前提となります。

この前提条件を満たすためには、インプラントと骨の結合を深く考察する必要があります。
インプラントと骨の結合は、骨を形成する骨芽細胞と破骨細胞の活動バランスによって成立します。そして、この細胞達がたくさん居る場所は、血液に他なりません。つまり、インプラントと血液の馴染みが良くなければなりません。

当院では、生体主導型のコンセプトにより、インプラントを体の中に入れる直前に、炭化層を除去して血液とインプラントの馴染みを良くする機械を開発致しました。*特許・商標登録済みです。

これによりチタンエイジングをクリアしたインプラント治療の提供が当院では可能となりました。

細胞レベルで考察されたインプラント治療にご興味のある方は、是非一度山道歯科医院までご連絡下さい。 

症状によって手法が異なりますが、ここでは代表的な以下の3つの方法を紹介させていただきます。
この治療は、高度な歯科医療技術が要求されるため適切に対応できている歯科医院は多くありません。当院には他院で失敗した患者様が数多く御来院されています。

オステオトームテクニック (ソケットリフト)

骨造成の中では、比較的低侵襲な方法です。 上顎奥歯の骨が6mm以上ある場合に適応されます。
当院の研究グループで開発した歯槽頂アプローチ段階法では、4mm以上あれば侵襲度が低い骨造成を行えます。
ソケットリフトはブラインドテクニックという盲目的な処置になるため、熟練を要します。

サイナスフロアエベレーション (サイナスリフト)

上顎奥歯の骨が著しく足りない場合(0〜4mm程度)に行います。
基本的には、上顎洞粘膜を上顎洞から剥離して挙上し、挙上によってできたスペースに人工骨を移植する事により、インプラントの埋入に必要な骨の厚みを確保する事が目的です。

骨の成熟期間に4〜6ヶ月、インプラントと骨が結合するまでに4〜6ヶ月とかかるため、歯が入るまでに1年程度の期間を要します。

サイナスフロアエレベーションにおける詳しい内容は、院長・副院長共著の文献が米国歯周病学会の機関誌に掲載されておりますが、この業績は、日本の開業医史上初というインプラント業界に一石を投じる業績となりました。

開業医でありながら、インプラント治療が発展する研究を継続してきた結果でもあります。

今後もより安全で予知性のあるアプローチを開発すべく、研究を続ける所存です。

上顎臼歯部のインプラント治療でお悩みの方は山道歯科医院までご相談下さい。

バーティカルリッジオグメンテーション(骨再生)によるインプラント治療

下顎の骨を大幅に失った人に適応されます。
バーティカルリッジオグメンテーションは同時法と段階法に分けられ、小規模の骨造成で済む場合はインプラントと骨造成を同時に行います。

4mm以上垂直的に骨が足りない場合は、大規模に骨造成を行う段階法で行います。段階法は骨の成熟期間を6ヶ月程度おきます。
バーティカルリッジオグメンテーションは熟練を要します。
担当Drが実際に行った症例を必ず確認して、必ず実績のある医院で治療を行いましょう。

山道信之著:バーティカルオグメンテーション https://www.quint-j.co.jp/shigakusyocom/html/products/detail.php?product_id=2122

GBR(骨再生誘導法)の仕組み

Guided Bone Regeneration(骨再生誘導法)を骨再生、あるいは骨造成を行う際の治療概念です。インプラント治療におけるサイナスフロアエレベーション、バーティカルリッジオグメンテーション、ソケットリフトなどの術式にもGBRの概念が応用されます。

GBRの症例

インプラントを入れるための顎の骨が足りない場合に行う方法です。
下顎のインプラントを入れるための骨が足りないと、ショートインプラントと呼ばれる10mm以下のインプラントをいれることになります。GBR法は標準サイズである10mm以上のインプラントを入れることを目的として行います。下顎の場合では垂直的歯槽骨増大 (Virtical Ridge Augmentaion)と呼ばれる方法で行います。著書では1,500症例の下顎臼歯部を5つの欠損パターンと5つの吸収形態に分類し、それぞれのアプローチ法を示しています。
GBRの治療費用は、症例にもよりますが手術1回につき148,500円程度となります。

治療等の主なリスクや副作用等

インプラント治療及び骨造成治療は外科処置を伴いますので、術後に腫れたり、痛みを伴うことがあります。個人差もありますが通常であれば、1週間程度、腫れや痛みが持続します。部位により腫れやすい部位や痛みやすい部位がありますので、詳しくは治療計画説明の時にお伝えいたします。

治療開始前の無料相談

上記説明は例を挙げての治療の説明であり、個々の患者様の状態等により治療の費用、方法や結果が異なります。治療の方針や治療費に関しては治療開始前にご説明しますので、まずは当院まで治療の相談を予約して下さい。