マウスピース矯正

Conceptデジタル技術を用いた治療で理想の歯並びへと導く

  • TOP>
  • マウスピース矯正

目立たず痛みの少ない
マウスピース矯正(インビザライン)

目立たず痛みの少ないマウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)は1週間に1度マウスピースを交換していくことで、理想的な⻭並びに近づけていくことができます。

透明なマウスピースを装着するので、必要に応じて着脱可能で、矯正治療中の⾒た⽬が気にならない、矯正治療の痛みが少ないなど、数多くのメリットがあります。3Dシミュレーションにより、治療前に歯並びの変化予測を確認できるので安⼼です。

マウスピース矯正(インビザライン)
はこのような方におすすめ

マウスピース矯正(インビザライン)はこのような方におすすめ
    • できるだけ⽬⽴たず⾒た⽬も
      噛み合わせも整えたい
    • ⻭並びが悪く、⽋けている⻭もある
      のでどうしたらいいか分からない
    • インプラントが⼊っているけれど
      矯正がしたい
    • 抜⻭矯正が必要と⾔われた
    • ⾍⻭や⻭周病、親知らずがあるけど
      矯正したい
    • 他院でインビザラインは難しい、
      適応外、治らないと⾔われた
    • ⻭の審美的治療に加え、
      ⽬や⿐などの顔貌も改善したい
    • E-ラインを整えたり、
      顔貌も考慮した矯正をしたい

山道歯科のインビザライン治療

山道歯科のインビザライン治療
    • 軽度から重度の様々な歯並びに対応
    • 日本歯周病学会認定医による矯正治療
    • 総合的な歯科治療のご提供
    • CTデータから得られる情報を
      治療計画に反映
    • 治療を成功に導く的確な治療計画
    • 光加速装置によるスピード矯正
    • 歯科矯正用アンカースクリューを
      併用した
      マウスピース矯正
    • 形成外科学会専門医との連携
    • 全体矯正・部分矯正に対応
    • 口腔内スキャナー「iTero」による
      3Dシミュレーション

軽度から重度の様々な歯並びに対応

軽度から重度の様々な歯並びに対応軽度から重度の様々な歯並びに対応

抜⻭矯正、⾮抜⻭矯正、軽度から重度の叢⽣(⻭並びのでこぼこ)まで幅広いケースに対応し、美しく仕上げます。

インビザラインで治療がおこなえる歯並びは、近年のシステムの進化により、ワイヤー矯正とほぼ変わらなくなってきました。

⽇本⻭周病学会認定医による矯正治療

⽇本⻭周病学会認定医による矯正治療⽇本⻭周病学会認定医による矯正治療

矯正治療中は⻑時間マウスピースを装着しているので、どうしても⻭周組織や⻭に負担がかかります。

そのため矯正治療前と⽐較して⻭周病や⾍⻭のリスクが⾼くなりますが⼝腔内の衛⽣管理を徹底し、⻭列の整い具合だけでなく、初期の⻭周病や⾍⻭などを⾒逃さず、矯正治療と予防処置を並⾏しておこないます。

総合的な歯科治療のご提供

総合的な歯科治療のご提供

インビザラインを始める前には、虫歯や歯周病の治療が必要です。山道歯科医院では、一般診療もおこなっているため、親知らず抜歯、虫歯治療、歯周病治療、インプラント治療、審美治療など、歯科治療に必要なすべての処置に対応しています。

また、1⼈の医師が、矯正治療、⼀般⻭科治療、インプラント治療、審美的治療を最後まで責任を持って⼀貫しておこなうことによって、矯正治療だけでは対応できないケースでも当院では対応可能です。

CTデータから得られる情報を
治療計画に反映

CTデータから得られる情報を治療計画に反映

インビザライン治療のクリンチェック治療計画作成時は、⻭列の状態しか治療計画に反映されません。つまり、口腔内スキャナーだけでは⾻の状態を確認することができません。

そこで重要になるのが、CT撮影により⻭根の三次元的な位置関係を分析し、治療計画に反映させることです。CTから得られる情報を反映させない治療計画は危険を伴います。

矯正治療を成功に導くには、歯並びだけでなく、骨格的要因や動かせる歯の限界があるため、自己診断せずに、CT撮影に基づく専門家の診断を受けることが重要です。

歯根と骨の位置を考慮した
治療ゴールの設定

歯根と骨の位置を考慮した治療ゴールの設定歯根と骨の位置を考慮した治療ゴールの設定

口腔内スキャナーのデータのみで作成する治療計画では、⻭根と⾻の関係まで考慮しないため、⻭並びの最終ゴールを⾻より外側に設定してしまう場合があり、⻭⾁退縮を招きます。

⻭⾁退縮の治療は⻭周病の分野に属していますが、当院では、⽇本⻭周病学会認定医が矯正治療も担当しているため、⻭⾁退縮が起きないように クリンチェック(治療計画)を適切にコントロールしています。

万が⼀、⻭⾁退縮が起こってしまった場合にも、オペレーションルームを完備しており、⻭⾁移植術によるリカバリーをおこなうことのできる環境を整備しています。

治療を成功に導く
的確な治療計画

治療を成功に導く的確な治療計画

矯正治療というとワイヤー矯正のイメージが強いため、マウスピースで本当に歯がきれいに並ぶのか、疑問に思われるのも無理はありません。従来の矯正治療では、歯の表面に金属のブラケットと呼ばれる装置とワイヤーを付けて、ブラケットがワイヤーの形状に沿って歯が動いていました。

インビザラインでは、バックワードプランニングという治療の最終状態から逆算した治療計画を立てます。

0.25㎜ずつ歯の移動をデザイン

すべての歯の移動の順番には、快適なインビザライン生活を送れる様になるための理由があります。ドクターはクリンチェック治療計画作成時に、この理由を0.25mmずつ動くマウスピースのデザインに組み込みます。

デザインされたマウスピースを1週間に1度交換することにより、1枚あたり0.25mmずつ歯を動かしていきます。この時、アタッチメントと呼ばれるプラスチック製の材料を、歯の表面に付けることで歯を合理的に動かしていきます。

専門的な研修を受けた
歯科医師が治療を担当

専門的な研修を受けた歯科医師が治療を担当専門的な研修を受けた歯科医師が治療を担当

インビザラインでは、デジタル技術により、治療前に最終的な歯並びがシミュレーションできますが、あくまでもシミュレーションであることを忘れてはなりません。シミュレーション通りに歯が動くかは、シミュレーションの次の段階、つまりクリンチェック治療計画の作成を担当するDrの経験と技量で大幅に結果が変わります。

当院では、インビザラインの専門的なトレーニングを受けたプロフェッショナルがクリンチェック治療計画の作成、及び治療を担当しております。

※クリンチェックとは

インビザラインの治療結果を最も左右する、デジタル治療計画を作成することです。資料採得で得られた情報を元に、一本一本の歯を動かす細かい指示を治療計画に反映します。

クリンチェック上でDrが並べた歯並びは、患者様の顔貌写真にCGでインストールされ、矯正治療の術前術後の予測イメージを確認し、患者様の同意が得られれば、計画を承認します。

承認されたクリンチェック治療計画をアメリカのインビザライン本社に送り、そのデータを元にメキシコの向上でアラナイナー(マウスピース装置)が作成されます。

光加速装置によるスピード矯正

光加速装置によるスピード矯正

光加速装置の「オーソパルス」は、マウスピース矯正(インビザライン)と併用することで、治療期間の短縮と痛みの軽減が期待できます。

光加速装置から発生する近赤外線によって骨代謝が活性化され、歯の移動を加速させます。通常のマウスピース矯正治療(インビザライン)の場合には、週に1度マウスピースの交換をおこないますが、光加速装置を併用することで、1日ごとにマウスピースの交換が可能で、治療期間で比較すると1/2のスピードで治療が完了します。

歯科矯正用アンカースクリューを
併用したマウスピース矯正

歯科矯正用アンカースクリューを併用したマウスピース矯正

歯科矯正用アンカースクリューは、歯列矯正で歯を移動させる際の固定源となります。マウスピース矯正(インビザライン)と併用することで、非抜歯矯正の適応範囲が広がったり、治療期間の短縮が期待できます。

また、歯科矯正用アンカースクリューを固定源として使用することで、より美しい仕上がりとなります。当院では、インプラント指導医が正確な方向に歯科矯正用アンカースクリューを埋入いたします。

形成外科学会専門医との連携

形成外科学会専門医との連携

歯並びだけでなく、口元やお顔全体の印象、横顔(エステティックライン)の改善を望まれる患者様も数多くいらっしゃいます。

当院では、同ビル3階の美容外科の形成外科学会専門医と連携をとり、歯並びだけでなく、お顔全体の印象を考慮した歯列矯正をおこなっております。歯科医師と形成外科専門医がチームとなり、患者様がイメージされる理想の美しさの実現を目指します。

全体矯正・部分矯正に対応

全体矯正の「インビザラインフルパッケージ」と部分矯正の「インビザラインGO」から選択していただくことが可能です。全体矯正の場合、治療期間は1~3年で、1~3ヶ月に1回の通院頻度で治療をおこないます。

患者様のご要望や歯並びや噛み合わせの状態に合わせて、治療方法を選択しご提案いたします。

全体矯正
(インビザラインフルパッケージ)

  • 適応全ての症例
  • 治療期間1年〜3年
  • 通院1〜3ヶ月に1回
  • マウスピースの枚数無制限

部分矯正
(インビザラインGO)

  • 適応前歯のみの不正咬合
  • 治療期間3ヶ月〜1年
  • 通院1〜3ヶ月に1回
  • マウスピースの枚数20枚まで

口腔内スキャナー「iTero」による
3Dシミュレーション

口腔内スキャナー「iTero」による3Dシミュレーション

iTeroはインビザライン専用の口腔内スキャナーで、最大の特徴が治療前後のシミュレーションです。10分程度でどこまで歯並びが良くなるのかを3Dシミュレーションで確認できます。

当院は2019年にスキャナーを導入しましたが、2022年に新しいスキャナーを導入しました。従来よりも40%スキャンスピードが向上したので、より快適に治療を受けることができます。

歯型採取時の
不快感軽減・時間短縮

歯型採取時の不快感軽減・時間短縮

従来の型取りのような⼝の中の圧迫感や不快感がありません。また、スキャンは5〜10分程度と短時間で完了します。

矯正シミュレーションをその日にご確認いただけるため、ご自身の歯がどのくらいきれいになるのか、わずか数分で3Dデータを作製し、ご確認いただけます。

インビザラインの特徴

1.透明で目立たない

1.透明で目立たない

インビザラインは、透明で薄い独⾃の新素材「SmartTrack(スマートトラック)」を使⽤しています。装着しても⽬⽴たないので、会話をしていても周囲の⼈からほとんど気づかれません。

2.世界1,000万人に選ばれる装置

2.世界1,000万人に選ばれる装置

インビザラインシステムは、世界で1000万症例を超えているため、治療に安定的な結果をもたらしてくれるシステムです。マウスピースを交換しながら矯正治療をおこなえるため、従来のワイヤー矯正治療よりも衛生的で快適に治療が行えます。

3.装置を取り外して食事ができる

3.装置を取り外して食事ができる

⻭に直接矯正装置を固定するワイヤー矯正と違って、インビザラインはご⾃⾝で取り外しが可能です。⾷事をするときには外して、矯正装置を気にすることなく普段どおりに⾷事ができます。

4.痛みが少ない

4.痛みが少ない

ワイヤー矯正に⽐べると、取り外しができるため⻭にかかる⼒が断続的になり、⻭根膜という⻭根(⻭の根っこ)の周りを覆う靭帯の⾎流がスムーズになります。

このため、痛み成分が⾎流に乗って流れることで、痛みが少なくなります。また、数年前にスマートトラックという新素材に変わってから柔軟性が⾼くなり着脱もしやすく、より痛みが軽減されています。

5.発音に影響が少ない

5.発音に影響が少ない

固定式のワイヤー矯正装置や⾆側矯正装置を装着すると、慣れるまで発⾳がしづらいことがあります。特に⾆側矯正装置では⾆の先が器具にあたり、⾆が入るスペースも狭くなるため、治療初期はかなりの不快感があります。

インビザラインならマウスピースの厚さは1mm以下で、発⾳への影響が少ないまま矯正治療ができます。

6.トラブルが少なくメタルフリー

6.トラブルが少なくメタルフリー6.トラブルが少なくメタルフリー

ワイヤー矯正は⾷事中に装置が粘膜に当たる、⼝の中を噛んでしまう、傷が化膿して痛みが強く出る、ブラケットが外れてしまうといったトラブルが起きてしまう場合があります。インビザラインだと装置を⾃在に取り外しできるため、こうした問題は起きず、安⼼して治療を受けることができます。

また、メタルフリーなので、⾦属アレルギーの⽅でも安⼼して矯正治療を受けていただけます。

7.矯正治療中の衛生状態が保てる

7.矯正治療中の衛生状態が保てる

ブラケットやワイヤーなどが1年間も⼝の中にあると、⾷べかすやプラークなどの汚れが溜まりやすいため、⾍⻭や⻭周病のリスクは上がります。そのため、当院では⼝腔清掃補助器具の使⽤をおすすめしています。

インビザラインでは、装置を外した状態で⻭磨きや⻭間清掃ができるので、⾍⻭や⻭周病リスクを抑えながら矯正治療ができます。

インビザライン治療の流れ

1⻭型の3Dスキャンとカウンセリング

1⻭型の3Dスキャンと
カウンセリング

インビザラインで矯正治療をご希望の⽅には、まずカウンセリングで患者様のお悩みを伺い、現在の状態を確認するために、レントゲン撮影と⻭型の3Dスキャンをおこないます。その後、予想される治療期間や治療費についてご説明します。詳細な診断が必要になる場合は、CT撮影など追加の診査をおこないます。

2 3DCTの撮影

23DCTの撮影

⾻格の情報と⻭の3次元的位置を確認するためCTを撮影します。CTはドイツのKavo社製です。最も被曝量の少ない機種で、ヨーロッパの⾼い安全⽔準を満たしています。

3 治療計画の説明

3治療計画の説明

患者様の⼝腔内データから、コンピューター上で3Dシミュレーションを作成し、治療計画をカウンセリングルームでご説明します。カウンセリングルームは個室ですので、患者様のプライバシーを保ちつつ、未来の⾃分の⻭並びを⾒ることが出来ます。

4 マウスピースの作製

4マウスピースの作製

治療計画に同意が頂ければ、3Dスキャンした⻭型などの患者様の⼝腔データを、アメリカのインビザライン社に送ります。同社でデータをもとに患者様専⽤の矯正治療⽤マウスピースが作製され、当院に届けられます。

治療中のIPRについて
-INTERPROXIMAL REDUCTION-

治療中のIPRについて-INTERPROXIMAL REDUCTION

⻭の⼤きさを⼩さくするための処置
”Interproximal Reduction = 隣接⾯削合”のことで、矯正治療ではアライナー矯正かワイヤー矯正かに関わらず、以前から⼀般的におこなわれている⽅法です。

メリット

  • ⻭を並べる隙間がわずかに不⾜している場合に、抜⻭を伴わずスペースを確保できる
  • ⻭の⼤きさのバランスを整えられる
  • ⻭の遠⼼移動などを組み合わせることで、⾮抜⻭矯正で治療できる可能性が広がる

デメリット

  • ⽇本⼈のエナメル質は薄いため、IPRの限界量を超えると知覚過敏などの症状が出る可能性がある
  • エナメル質が減ることで、⾍⻭への抵抗⼒がわずかに落ちる可能性がある
  • 食事と歯磨き以外は
    マウスピース装着が必要
  • マウスピースの装着や管理に
    患者様のご協力が不可欠

※当院でIPRをおこなう際には、
以下の点を徹底しています。

  • ・IPRは必要最低限しかおこなわない
  • ・虫歯や知覚過敏を予防する処置を徹底する

■ 治療の主なリスク・副作用

矯正治療は歯が動いて最終的にはいい噛み合わせと見た目が獲得できます。しかし、治療中は噛み合わせが変化していくために、噛みづらい、痛みを伴うといったことがあります。このような不調は1ヶ月程度で治ることが多いものの個人差もあり、詳しくは治療計画説明の時にお伝えいたします。

■ 治療開始前の診断

上記説明は例を挙げての治療の説明であり、個々の患者様の状態等により治療の費用、方法や結果が異なります。治療の方針や治療費、治療等の主なリスクや副作用等に関しては治療開始前にご説明しますので、まずは当院まで治療の相談を予約して下さい。

インビザライン、iTero、クリンチェックなどは Align Technology, Inc. またはその子会社もしくは関連会社の商標および/またはサービスマークであり、米国および/またはその他の国において登録されている可能性があります。写真及び文章の無断転載を禁じます。

症例一覧
YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院

Tel:0120-468-296

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3丁目5−13

  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
01 05
prev
next

Access

アクセス

地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院

Hours

診療時間

Hours診療時間
通常 9:00 - 13:00 / 14:30 - 18:00
Hours診療時間
特別 9:00 - 13:00 / 13:30 - 17:00
Hours診療時間
休診日