予防歯科・メンテナンス

Concept歯を失わないための
正しい予防とメンテナンス

  • TOP>
  • 予防歯科・メンテナンス

歯を失う2大疾患

歯を失う2大疾患

皆さまは歯を失う原因をご存じでしょうか。ここでは、歯を失う原因や予防方法やメンテナンスの重要性をご説明いたします。

歯を支える骨を失う「歯周病」

歯周病は、歯を失う原因の第一位です。40代以降の働き盛りに多いと言われています。細菌性プラーク(歯垢)によって起こる炎症が原因で、最終的には歯を支える骨が破壊され歯が失われてしまう疾患です。

軽度・中程度まではほとんど自覚症状がなく、歯がぐらぐらすると受診されたときにはすでに重症化している傾向があるため、初期の段階で発見することが重要です。

進行すると抜歯に至る「虫歯」

虫歯で歯を失う方に、年齢的な差はありません。虫歯の進行により歯がダメージを受けると、歯の根っこが割れた状態(歯根破折)や、歯茎より下の部分に虫歯がある状態(歯肉縁下カリエス)になります。症状がひどい場合には、抜歯の必要がある場合も出てきます。

歯を失わないために

歯を失わないために

歯を失うことを予防するためには、定期的なメンテナンスにより、お口の中の異変を早期発見・早期対応していくことが何よりも重要です。

山道歯科医院の予防歯科

山道歯科医院の予防歯科山道歯科医院の予防歯科

当院の予防歯科では、唾液検査や細菌検査をおこなって、虫歯・歯周病になった原因を多角的に分析しています。

歯を失う2大疾患である虫歯と歯周病は、細菌性プラークと呼ばれる細菌の塊が口の中に溜まり続けることによって引き起こされます。ですから唾液の質や、ブラッシング習慣、細菌量を調べることで、その方がどのような疾患に罹りやすいか、今後何に気をつけて行くべきかを判断できるのです。

当院では科学的根拠に基づいたオーダーメードの予防プログラムをご提供します。

歯周病の予防

歯周病の予防

残念ながら、歯周病予防は「毎日しっかり歯磨きができているから大丈夫」というわけにはいきません。歯周病を予防、あるいは進行を抑制するためには、まずは原因を明らかにして、歯周病のリスク要因を取り除く必要があります。

歯周病のリスク要因

歯周病のリスク要因
  • 細菌性プラーク(歯垢)

    一般的に「歯垢」と呼ばれる細菌性プラークは、正しいホームケアを身につければ、ご自身の毎日の歯磨きで取り除くことが可能です。

  • 歯石沈着

    歯科医院のプロフェッショナルケアとして、専門の器具でなければ取り除くことができません。

  • 1次性咬合性外傷

    いわゆる噛み合わせが悪いために、特定の歯に負荷が掛かりすぎている状態です。この状態を放置しておくと、歯のぐらつきが増していき、歯周病の進行を早めてしまいます。そのため、噛み合わせのバランスを整える「咬合調整」と呼ばれる治療が必要です。

  • 歯列不正

    歯並びが乱れているために、プラークが溜まりやすくなっている状態です。この状態を放置しておくと、よほど正しいホームケアをおこなわない限り、プラークによって歯周病が進行していきます。

歯周病リスクを正しく理解する

このように、ご自身でできるホームケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアでは、アプローチできる範囲が異なります。

まず歯周病の原因を把握し、正しいホームケアの方法を習得していただき、必要なプロフェッショナルケアをおこなうことで、正しく歯周病を予防していくことが重要です。

虫歯の予防

虫歯の予防

歯の亀裂や隙間にたまったプラークにすみついている虫歯菌は、糖分を栄養にしながら増殖し、酸の産生を繰り返します。酸は歯の表面のエナメル質から順番に歯を溶かしていく。これが虫歯のメカニズムです。

虫歯のできやすい部位

虫歯のできやすい部位

虫歯のできやすい部位は決まっており、細菌性プラークの取り残しが起こりやすい箇所です。しかし、虫歯のできやすい部位は歯が入り組んでいるため、肉眼やレントゲンでは確認が難しいことがあります。

そこで当院では、口腔内スキャナーに搭載されている、NIRI(近赤外光画像)システムを利用して、入り組んだ部位に潜む初期の虫歯の発見に役立てています。

歯並び・噛み合わせとの関係性

歯並び・噛み合わせとの関係性

細菌性プラークは、歯のエナメル質の割れ目(マイクロクラック)から入り込み、虫歯を大きくしていきます。この割れ目は、歯列不正や噛み合わせの不良によってできるため、当院では歯並びと噛み合わせのリスクも含めて診察します。

唾液とプラークの関係

唾液とプラークの関係

唾液には汚れを洗い流す、歯を強くする、抗菌作用などの働きがあります。ところが唾液の分泌量には個人差があり、少ない場合はこれらの働きが弱まってしまいます。

当院では、唾液検査をおこなって唾液の質を調べることで、細菌性プラークへの抵抗性が確認できます。

虫歯治療を繰り返さないために

繰り返す虫歯治療を終わらせ、新たな虫歯を予防するためには「治療を終えたのに、また新しい虫歯になってしまった」それはなぜなのか?その原因を当院の予防歯科でつきとめ、的確な治療と予防に取り組みましょう。

メンテナンスについて

メンテナンスについて

当院の予防歯科のメンテナンスは、標準的な歯周ポケット検査や噛み合わせ検査、レントゲンでの検査に加え、NIRI(近赤外光画像)システムや唾液検査・細菌検査をおこない、虫歯や歯周病のリスクを判定します。

リスクに合わせた治療

高リスクと判定された場合には、より専門的なプロフェッショナルメンテナンスをおこない、低リスクと判定された場合には、歯石除去、噛み合わせ調整など、必要な処置をおこないます。

予防歯科で
健康で質の高い暮らしを

予防歯科で健康で質の高い暮らしを

予防が大切と叫ばれるようになったのは日本では最近のことですが、歯の健康は、今や全身の健康につながることが欧米では常識となっています。しかしながら、本国では、歯の大切さを失って初めて気づく方が多いのが現状です。

ご自身の歯の状態を知ることが第一歩

ご自身の歯の状態を知ることが第一歩

ご自身の歯がどのような状態にあるのか、専門家の診断を受けることがご自身の歯の寿命を伸ばすための最短距離です。

歯周病により糖尿病のリスクも亢進します。歯の欠損を放置することにより認知症のリスクも亢進します。歯の健康を入口として、予防管理をおこなうことで、全身の健康を維持していくきっかけになることを是非皆さまにも知っていただきたいと思っております。

症例一覧
YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院

Tel:0120-468-296

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3丁目5−13

  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
01 05
prev
next

Access

アクセス

地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院

Hours

診療時間

Hours診療時間
通常 9:00 - 13:00 / 14:30 - 18:00
Hours診療時間
特別 9:00 - 13:00 / 13:30 - 17:00
Hours診療時間
休診日