治療メニュー(その他)

Conceptお口のトラブル・お悩みはお気軽にご相談下さい

  • TOP>
  • 治療メニュー(その他)

「歯医者が苦手」という方も多くいらっしゃるでしょう。歯医者が苦手な主な理由は「痛い・怖い」という経験から来ているのではないでしょうか。当院では虫歯の治療、神経の治療などでは、極力痛くないように、恐くないように細心の注意を払って治療をしています。

以前に比べると、治療法や治療に使う機器も進歩し、今まで歯を削っていた症状でも歯を削る必要がなくなったり、最小限の施術で済むようになっています。また、治療前には充分な時間を取りカウンセリングをおこない、患者様の症状を把握したうえで説明と同意のもとに治療に入ります。

虫歯治療・根管治療

虫歯治療・根管治療

当院の虫歯治療や根管治療における治療方針は「極力痛みを抑えて、できる限り切削量が少ない治療」「予後の良い治療・できる限り歯を残す治療」です。

虫歯や根管治療が必要になる理由、痛みが出る理由は、「細菌感染」が歯の深いところや神経まで到達するためです。治療中の痛みへの配慮は、高濃度の表面麻酔を使用することで、針を刺すときの痛みを極限まで減らすようにしております。

できる限り歯を残す治療

治療中の細菌感染を防ぐために「ラバーダム」というゴムのカバーを歯に装着した状態で、虫歯や感染物質の取り残しがないように、拡大鏡下(マイクロスコープ導入予定)で感染部位を確認しながら治療をおこなっています。

細部まで緻密な治療をおこなうことで、歯を残す可能性を高めることができます。

予後の良い治療

予後の良い治療予後の良い治療

虫歯・根管治療後の高精度の詰め物・被せ物の作製は、専属の院内歯科技工士が担当いたします。すべてオーダーメイドで作製するため、治療した部位が再度虫歯になることを予防したり、長期安定性を考慮すると、技工士との密な連携のもと、詰め物・被せ物の設計を依頼することが重要です。

審美性の回復を要する場合の材料はセラミックですが、セラミックという材質の特徴から、再度虫歯になることを防ぐことができ、長期安定性につながります。

歯科ドック

歯科ドック

当院では、歯周病のリスク検査(唾液検査・細菌DNA検査・位相差顕微鏡検査)、レーザーによる虫歯検査など、客観的指標を用いて多角的なデンタルチェックアップをおこなっております。

虫歯や歯周病のリスクは個人個人によって違うため、客観的な指標を用いる必要があります。

口腔外科治療の種類

口腔外科治療の際の設備

口腔外科治療の際の設備

当院2階には口腔外科治療をおこなうための完全個室のオペ室を完備しております。清潔域と不潔域を完全に分け、独立した無菌室での治療ですので安心して口腔外科手術を受けていただくことができます。

お口の中の炎症腫れ(口腔外科)

お口の中の炎症腫れ(口腔外科)

口内炎をはじめ、歯茎が腫れて痛い、顔が腫れてきた、などの症状があればご相談下さい。また、お口の中のただれ、潰瘍、イボのような「できもの」がある場合なども治療の必要な場合がありますのでご相談下さい。

口腔がん検診(口腔外科)

口腔がんの自己チェック

口腔がんの自己チェック
    • 歯茎や舌にしこりがある
    • 大きな口内炎が治らない
    • 食べ物が飲み込みづらい
    • 口の中にこすってもとれない
      白い着色がある

「口腔がん」を疑う症状

「口腔がん」を疑う症状

口腔がんのほとんどは口の中の粘膜にできます。そして、「がん」ができた場所によって、歯肉がん、舌がん、口底がんなどと呼ばれています。

口の中の粘膜は絶えず刺激を受けています。またウィルスや飲食物に含まれる発癌物質の作用を真っ先に受ける場所でもあり、これらの影響が蓄積され「がん」が発生すると考えられています。

早期発見のための「口腔がん検診」

早期発見のための「口腔がん検診」

口腔がんは40歳を過ぎる頃からみられるようになり、加齢や、歯並びが悪いために舌を噛む度合いとともに発生率は上昇します。

口腔がんは肺がんや大腸がんなどと一緒で、進行すると命に関わる病気です。しかし、初期のうちに適切な治療がおこなわれれば、十分に治癒がみこめます。口腔がんの多くは直接目で見て触れることができます。すこしでも不安な方は、「口腔がん検診」を受けるようにしましょう。

当院では歯科医院でできる口腔がん検診をおこなっております。蛍光発光技術により口腔がんや前がんといった口腔粘膜異常を視覚化し、組織変化を早期発見することが可能です。

口腔がんのリスクファクター

当てはまる方は一度検査しましょう。

    • 繰り返す口内炎
    • 喫煙
    • 舌や唇をよく噛む
    • 刺激物を好んで食べる

親知らずの抜歯(口腔外科)

親知らずの抜歯(口腔外科)

代表的な埋伏歯が親知らず(第三大臼歯)です。埋伏歯があると隣の歯と干渉し歯並びが乱れたり、隣の歯に悪影響をあたえることがあります。

また、親知らずの状態によっては虫歯の原因になることもあるため、気になる方は早めに診察を受けましょう。

山道歯科医院の親知らず抜歯

山道歯科医院の親知らず抜歯

当院では、親知らずの中でも「骨性水平埋伏歯」と診断された大学病院でないと抜けないと言われるケースの抜歯にも対応しております。

また、親知らずの生え方の状態に応じて、PRP(Platelet Rich Plasma)・PRF(Platelet Rich Fibrin)*を使用した抜歯をおすすめしています。(PRP・PRFは厚生労働省認可の第三種再生医療に分類されている、自己血由来再生療法薬剤)

痛みや腫れを抑えるPRF

痛みや腫れを抑えるPRF痛みや腫れを抑えるPRF

PRFを使用した親知らず抜歯は術後疼痛や腫れを抑えるということが多数報告されており、当院の患者様でも大多数の方が効果を実感されています。また、近年では、抜歯後疼痛の「ドライソケット」の予防にも効果があると報告されています。

また、骨削除をおこなう場合にピエゾエレクトリックサージェリー(超音波の機械)を使用すると、歯茎や頬などの軟組織を巻き込まないので、術後の腫れや痛みが減少するメリットがあります。

参考文献

(1) Piezoelectric bone surgery compared with conventional rotary instruments in oral surgery and implantology: Summary and consensus statements of the International Piezoelectric Surgery Academy Consensus Conference 2019. Franscesco Bassi. et al., 2020. Int J oral Implantol.

親知らずの抜歯について

親知らずをPRF(自己血から血小板・成長因子などを分離したもの)を使用して抜歯する際の流れをまとめました。PRFを応用した治療は保険適応外治療です。

親知らずを抜く?抜かない?

親知らずを抜く?抜かない?

歯科医院で親知らずを指摘されたとき、「抜いた方がいい?それとも、抜かなくてもいい?」と疑問に思う方が大半ではないでしょうか。

実は親知らずを抜くべきか、抜かなくてもよいかは状況によって変わってきます。

あなたの親知らずはどのタイプ?

ご自身の親知らずの状況に応じて、抜歯すべきかどうか確認していきましょう。

1自覚症状は?

  • a. 疼いたり、痛んだりすることがある

    a. 疼いたり、痛んだりすることがある

    早めに抜歯しましょう

  • b. 特に症状を感じたことはない

    b. 特に症状を感じたことはない

    ②、③を確認

2親知らずは生えている?埋まっている?

  • a. 埋まっているa. 埋まっている

    a. 埋まっている

    ③を確認

  • b. 少し見えているb. 少し見えている

    b. 少し見えている

    抜歯

  • c. 普通通りはえているc. 普通通りはえている

    c. 普通通りはえている

    ③を確認

3全体的な歯並びは?

  • a. ガタガタしている

    a. ガタガタしている

    抜歯&矯正がおすすめ

  • b. すきっ歯になっている

    b. すきっ歯になっている

    矯正の場合は相談必要

  • c. 大体きれいに並んでいる

    c. 大体きれいに並んでいる

    抜歯が不要な可能性あり

親知らずが生えてくる時期

親知らずが生えてくる時期親知らずが生えてくる時期

親知らずは個人差はありますが、16〜22歳ほどで生えてきます。10歳前後で歯の元になる歯胚(しはい)が確認できるようになるので、生まれつき親知らずがあるかないかは中学生の頃にはX線検査で確認できるようになります。

埋まっている場合もX線検査をおこなうと確認できるので、目視で生えていないからと言って放置せず、定期検診の際などに歯科医院で確認してもらいましょう。

親知らずの抜歯時期

親知らずの抜歯時期

親知らずの抜歯時期ですが、18〜20歳頃はまだ歯根が完成しておらず、骨としっかりとくっついていないので、比較的痛みや腫れも少なく抜歯することが可能です。

大人の場合も痛みや腫れを繰り返していると、歯根が骨に癒着して抜歯が大変になる場合があるので、症状が出る前に抜歯することで痛みを抑えることができます。

参考文献

(1)Use of platelet-rich fibrin in regenerative dentistry: a systematic review. Richrd J. Miron et al., 2017. Clin. Oral. Investig.

(2) Fifteen Years of Platelet Rich Fibrin in Dentistry and Oromaxillofacial Surgery: How High is the Level of Scientific Evidence? Shahram Ghanaati et al., 2018. Journal of Oral Implantology

(3) Evaluation of different platelet-rich concentrates effects on early soft tissue healing and socket preservation after tooth extraction: G. Ustaoglu et al., 2019. J Stomatol Oral Maxillofac Surg

親知らずの抜歯の処置時間

親知らずの抜歯の処置時間親知らずの抜歯の処置時間

親知らずを抜歯する際は、局所麻酔下でおこなう場合が多く、日帰りの処置が大半です。処置時間は難易度に応じて異なりますが、生えている場合15~30分程度、少し見えている場合・埋まっている場合には30分~1時間程度です。(神経や上顎洞との位置関係によっては1時間以上かかる場合もありますので、事前に歯科医師に確認しましょう。)

親知らずの抜歯時期

親知らずの抜歯時期親知らずの抜歯時期

ご自身のお口の状況を把握することは大変重要なことです。親知らずが埋まっている場合は3DCTによるX線検査をおこない、位置関係を3次元的に確認することで、安全に抜歯をおこないます。

定期検査の際は親知らずに限らず、気になること、心配なことは歯科医師・歯科衛生士に確認してください。

YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院

Tel:0120-468-296

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3丁目5−13

  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
01 05
prev
next

Access

アクセス

地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院

Hours

診療時間

Hours診療時間
通常 9:00 - 13:00 / 14:30 - 18:00
Hours診療時間
特別 9:00 - 13:00 / 13:30 - 17:00
Hours診療時間
休診日