小児矯正

Concept歯並びの乱れを予防し
正しい口腔機能を

  • TOP>
  • 小児矯正

保護者の方からよくあるご質問

保護者の方からよくあるご質問
    • 子どもの矯正はいつから?
    • 小児矯正のメリットは?
    • 治療方法や使用装置は?
    • なかなか永久歯が生えてこない
    • 悪い歯並びを予防する方法はある?

保護者の方からこのようなご質問をいただくことが多くあります。ここでは、患者様からのご質問に回答いたします。

子どもの矯正について

このような様子は要注意

このような様子は要注意このような様子は要注意
  • 姿勢が悪い
  • いびきがある
  • いつもお口がぽかんと開いている
  • 食事に時間がかかる / 極端に早い
  • 食事のときにくちゃくちゃと音がする

日常生活で垣間見られるこのようなお子さまの特徴は、歯の治療とは全く関係のないことだと思われるかもしれません。しかし、これらの特徴には将来の歯並びの乱れのリスクが潜んでおり、子どものときから将来的な歯並びの乱れを予防できることが、研究により分かってきました。

小児矯正の開始時期

小児矯正の開始時期

幼少期から始める治療には、大人の予防治療では考えられないような、歯並びを整える、お顔をスマートにできる、正しい発音を身につけるなど、全身の骨格にまで影響を与えるような多くのメリットがあり、早期発見・早期予防が大いに推奨される分野です。

歯並びの乱れの予防治療は、大人との会話や意思の疎通が上手にできれば開始することができます。一般的には5〜6歳頃からで、生活習慣の変容する小学校に入学するタイミングが最適です。早期に治療を始めると、ワイヤーなどの痛みを伴う装置を使わずに、治療が完了する可能性が高くなります。

小児矯正のメリット

子どもの矯正治療はいわゆる歯並びを改善するだけでなく、成長を正しい方向に促していくことで顎の望ましい形態と機能を獲得していきます。正しい口腔機能を身につけることができれば、成人矯正が必要なくなる場合や、必要な場合でも短期間の治療で済むことがほとんどです。

また、若年期から整った歯並びを保つことによって虫歯や歯周病の予防にもなり、ご自身の歯の寿命を伸ばし、健康を維持していくことに加え、顔貌を整える効果があることから、針やメスを使わずに、小さい頃から美容的なアドバンテージまでも獲得することができる優れた治療です。

山道歯科医院の小児矯正

より美しく
理想的なバランスの顔貌に
より美しく理想的なバランスの顔貌により美しく理想的なバランスの顔貌に

当院での子どもの矯正治療は、もちろん歯並びも注目して治療をおこなっていきますが、どのようなトレーニングをおこなえば、口元がスマートになるか、理想的なバランスの取れた顔貌へと口腔周囲組織を誘導していけるかということに着眼し、治療します。

子どもには成長スパートというものがあり、特に体が発達していく時期を、成長スパートと呼びます。この時期に、呼吸や食事の取り方、おしゃべりの仕方、指しゃぶりなどの癖という繰り返しおこなわれる動作により、その癖により顔面や歯並びなどの、体の形態の全てが影響を受けてしまいます。

それぞれの成長スパートに応じた
トレーニングの提案

形態が変わってしまうと、うまく機能しなくなり、それでもバランスをとるために筋肉が異常に発達し、その筋肉の力で更に形態が変わってしまう、というような負のループに陥ってしまいます。美しい形態には美しい機能が宿ります。このように、正しい成長を阻害するような習慣や癖を見つけ出し、個人の成長スパートに対応したトレーニングに取り組んでいきます。

お口の機能を発揮するための
トレーニング

山道歯科医院では、身体が持つ本来の機能を最大限に発揮させる環境を整える「生体主導型歯科臨床」をおこなっています。歯科において口の機能といえば「咀嚼」に意識が向きますが、本来、お口の機能には「呼吸・咀嚼・嚥下・発音」の4つがあり、生きていくために不可欠なものです。

当院ではこれらすべての機能を最大限に発揮させるために、障害となる動作や癖をトレーニングにより改善していきます。

対症療法ではなく原因療法を

当院では、お子さまの成長をコントロールし、顎骨・顔面の育成をおこないます。併用する装置は治療を受けるお子さまの適応能力やご家族の管理体制などを考慮して選びます。

ただ歯並びを整えるような「対症療法」としての矯正治療ではなく、歯並びが悪くなる根本的原因をみつけ、直接アプローチする「原因療法」を心がけ、治療の結果が長く保つことを目指しています。

小児矯正の使用装置・治療方法

当院の小児矯正で使用する装置は主に「プレオルソ」と「インビザラインファースト」の2つに分けられます。

お口のトレーニングができる
「プレオルソ」

お口のトレーニングができる「プレオルソ」お口のトレーニングができる「プレオルソ」

プレオルソは5歳から使用することが可能で、シリコンやポリウレタンなどの柔らかい素材でできているので、装置をつける痛みなどはありません。「プレオルソ」を使用しながら、お口の周りの筋肉を鍛えるトレーニングをおこないます。

日中に2時間と夜寝ている間に使用していただき、日中に2時間装着する際は、正しい姿勢を保つことができれば、テレビを見ても、宿題をしても構いません。そのため、小学校に入学するタイミングなどで、生活習慣の一つとして取り入れていただけると取り組みやすいと思います。

子どものマウスピース矯正
「インビザラインファースト」

子どものマウスピース矯正「インビザラインファースト」

インビザラインファーストは6〜10歳が適応年齢で、混合歯列期と呼ばれる乳歯と永久歯が混在している時期にのみ使用することが可能です。素材はプラスチックのように少し硬さはありますが、マウスピース型の装置で薄くて装着時の違和感は少ないです。

歯が移動する痛みや違和感が多少ありますが、ほとんど気にならない程度です。こちらは食事をしているとき以外なるべく長時間装着していただき、歯を動かすことを目的としています。

プレオルソやインビザラインファーストの他にも11歳以上のマウスピース矯正であるインビザライン・ティーンやワイヤーでの矯正治療も可能です。

先天性欠損・埋伏歯について

お子さまの中には、生まれつき歯の本数が足りない場合や、永久歯が準備されていない場合、子供の歯が抜けても永久歯が埋まっている場合があります。これらを、歯の先天性欠損、埋伏歯と呼びます。

歯が足りない「先天性欠損」

歯が足りない「先天性欠損」歯が足りない「先天性欠損」

初めてご来院された際は、まずレントゲン写真で歯の本数を確認します。歯の本数が足りない「先天欠損」では、なるべく先行乳歯を長く残すように歯磨き指導をおこない、乳歯が抜けた場合の対応策を早めに相談して準備をします。

歯が埋まっている「埋伏歯」

歯が埋まっている「埋伏歯」歯が埋まっている「埋伏歯」

歯の数が過剰で埋まっている状態の「埋伏歯」では、永久歯の生え変わりを邪魔する位置に生えているかどうかをCTで3次元的に確認する必要があります。

埋伏歯の処置について

歯の本数が足りていても永久歯の生えるスペースが不足している場合は、乳歯が抜けたにもかかわらず永久歯が埋まったまま出てこないことがあります。このような「埋伏歯」では同じようにレントゲンやCTで位置を確認し、歯が出てくるための窓を作って(開窓)、歯を引っ張り出してあげることもあります(牽引)。

一般的に大学病院での施術になるとの認識の方や、開窓術では麻酔をして切開をするため、恐怖心や痛みをご心配されることが多いですが、当院ではメスを使わず、レーザーを用いて処置をおこなうので、痛みを抑えて治りも早く、親御さんのそばで安心して処置を受けていただくことができます。

お口のトレーニング「MFT」

お口のトレーニング「MFT」

MFT(Myofunctional Therapy)とは、お口の周りの筋肉を鍛えるトレーニングの総称で、不正咬合(悪い歯並び)を予防したり正しい機能の獲得につながります。呼吸や食事の際に無意識におこなっている動作を正しくおこなえるように不足した筋力を鍛えたり、過剰に発達した筋肉を和らげます。

オーダーメイドのトレーニング

オーダーメイドのトレーニング

MFTには様々な種類があり、症状や筋力に応じて適切なトレーニングを選択していきます。よくおこなわれるトレーニングに「ポッピング」があります。姿勢を良くして、鏡を見た状態で舌全体を上あごに吸い付けて、そのまま大きく口を開けてからポンと舌をならします。

このようなトレーニングを数種類組み合わせたメニューを患者様ごとにオーダーメイドでつくり、そのメニューに毎日取り組んでいただきます。

ゴールとしては悪影響のある動作や癖がなくなり、正しいお口の機能が身につくまでです。一般的には1年〜1年半で完了します。

小児矯正Q&A

小児矯正Q&A
Q来院頻度はどのくらいですか?

基本的に1ヶ月に1回です。各トレーニングをおこなったかどうかをお渡しするカレンダーに記載していただき、状況を把握します。達成状況やお口の筋力の状態を見てトレーニングのレベルを徐々に上げていきます。

Q治療の期間は
どれくらいですか?

治療を開始する年齢やお口の状態によって期間は変動しますが、平均して1年〜1年半ほどで完了します。

Q風邪をひいて
鼻がつまったときや
熱が出ているときは
どうしたらいいですか?

両方の鼻が詰まってしまった時や体調が悪いときは無理をしてトレーニングをしていただく必要はありません。口呼吸を毎日おこなうのはよくありませんが、鼻が詰まったときは口で息をしないと苦しくなってしまいます。体調に合わせてトレーニングしましょう。

Q兄弟や姉妹で一緒に治療を受けることはできますか?

もちろんです。トレーニングは一人でおこなうより、一緒に取り組むお友達がいたほうが捗り、良い結果が出やすくなります。

お子さまの矯正を
ご検討中の保護者の方へ

お子さまの矯正をご検討中の保護者の方へ

かつて虫歯の洪水と言われた時代から、1歳半・3歳児歯科検診や学校歯科検診をきっかけとした歯科受診が一般的になり、フッ素やシーラントによる予防処置が普及し、今や虫歯の悩みを抱えているお子さまはかなり減少しています。

一方で、食文化の西洋化で柔らかい食事が増えたことで、顎が小さくなり、歯並びの不正があるお子さんは現在65%と半数を超えています。歯並びが悪いということはお口の機能「呼吸・咀嚼・嚥下・発音」が不完全であるということです。

成長期のお子さまのサポートを

長い人生においてお口の機能が充実しているのとそうでないのでは健康状態に差が出ることは想像できるでしょう。

曲がってしまった茎や枝をまっすぐしようとすると折れてしまいますが、成長する前の茎や枝に添え木をするとまっすぐ伸びていくように、これから成長するお子さんのお口を正しく伸ばしていけるようなお力添えができればと思っております。

症例一覧
YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院

Tel:0120-468-296

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神3丁目5−13

  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
  • YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院YAMAMICHI DENTAL CLINIC山道歯科医院
01 05
prev
next

Access

アクセス

地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院地下鉄空港線天神駅1番出口 徒歩3分 西鉄福岡(天神)駅 徒歩4分 西鉄天神3丁目 徒歩1分 山道歯科医院

Hours

診療時間

Hours診療時間
通常 9:00 - 13:00 / 14:30 - 18:00
Hours診療時間
特別 9:00 - 13:00 / 13:30 - 17:00
Hours診療時間
休診日